障害者及び障害児並びにその保護者一人ひとりの人権と意思を尊重し、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の特性や利用者の状況に応じた柔軟な相談支援の実施を目的としています。

 運営にあたっては、利用者に対し心身の状況やその置かれている環境等に応じた適切な障害福祉サービス等を、多様な事業者から総合的かつ効率的に提供することを基本方針に据え、地域資源との連携及び地域資源の開発を図るとともに、市町村等との連携を図ります。

  • 利用者の人権尊重、権利擁護及び虐待防止の一層の推進
  • 利用者一人ひとりの特性やニーズに即した計画の充実
  • 苦情相談への適切な対応
  • 事業運営の透明性の確保
  • 関係機関等との連携強化

【相談風景】

 従業者の幅広い見識の習得、技術の向上を図るために継続研修として年1回以上の研修を実施し、従業員の資質向上に努めます。

(1)基本相談支援

ア.概要
障害者等の福祉に関する全般の問題につき、障害者等からの相談に応じ、必要な情報(障害福祉サービス等)の提供及び助言を行います。
イ.支援目標
① 利用者の人権尊重を基本とし、本人の意向や選択の尊重
② 利用者一人ひとりの能力、適性、ニーズ等に基づいた助言
③ 社会資源を活用するための助言・指導
④ 権利擁護のために必要な援助

(2)指定特定相談支援

ア.概要
障害者等が障害福祉サービスを利用する前に、サービス等利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。
イ.支援目標
(1)イと同様

(3)指定一般相談支援(地域移行支援、地域定着支援)

ア.概要
長期入院・入所している障害者が地域生活へ移行するための支援や、居宅において一人暮らしをしている障害者への夜間を含む緊急時における支援を行います。
イ.支援目標
(1)イと同様

(4)障害児相談支援

ア.概要
障害児が障害児通所支援(児童発達支援や放課後等デイサービス等)を利用する前に、障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。
イ.支援目標
(1)イと同様