昭和52年12月 青森県社会福祉事業団設立
昭和53年4月1日 青森県より青森県知的障害者総合福祉センターなつどまり管理運営を受託
知的障害者更生施設「しらかば寮」(定員50名)開設
昭和54年4月1日 知的障害者授産施設「さつき寮」(定員80名)開設
昭和55年4月1日 知的障害者更生施設「しらかば寮」定員を30名増員
昭和55年6月1日 親子指導施設・実務研修施設「希望の家」開設
平成6年4月1日 グループホーム「スワンハイム」開設
平成7年4月1日 グループホーム「第2スワンハイム」開設
平成12年4月1日 知的障害者授産施設「さつき寮」通所部(定員10名)開設
平成14年4月1日 財団法人青森県長寿社会振興財団と統合し、法人名が青森県すこやか福祉事業団に名称変更
知的障害者授産施設「さつき寮」通所部定員を15名に増員
平成17年1月1日 グループホーム「第3スワンハイム」開設
平成18年10月1日 障害者自立支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所へ移行
(しらかば寮・さつき寮)
平成19年4月1日 青森県から施設が委譲され独立民営化
平成20年4月1日 グループホーム「第4スワンハイム」開設
平成21年10月1日 グループホーム「第5スワンハイム」開設
平成22年4月1日 グループホーム「第4スワンハイム」同法人、八甲学園へ移管
平成22年10月1日 グループホーム「第6スワンハイム」開設
平成24年4月1日 「親子指導(事業)施設」同法人、八甲学園へ移管
「障害者支援施設 さつき寮」「多機能型事業所 さつき」開設
平成24年8月20日 施設改築完成(同敷地内)により新館へ移行
「多機能型事業所 さつき」を「就労サポートセンターさつき」として茂浦地区に開設
平成25年4月1日 相談支援事業「なつどまり」開設(平内町障害者相談事業の受託)
平成26年4月1日 茂浦地区に開設の「就労サポートセンターさつき」が「なつどまり」から独立

なつどまり全体の共通業務を円滑に進めるため次の委員会を設置しています。リーダーは、所属課長等とし、委員は各所属職員2~6名で構成しています(給食委員会は各寮から利用者4人程度参加)。

委員会 所掌事務
防災管理委員会 ・消防計画による消防訓練の計画策定、実施
・防災(風水害等)計画による訓練の計画策定、実施
・不審者対応マニュアルによる訓練の計画策定、実施
衛生委員会 職員の健康管理等についての検討、周知
給食委員会 給食業務委託業者と職員、利用者と給食業務及び献立内容についての意見交換
人権委員会  
・苦情解決委員会 利用者からの各種苦情に対する対応の検討及び苦情解決協議会の開催(対応は、寮長他、外部の第三者委員3名があたる)
・虐待防止委員会 当施設が実施する事業の利用者に対する虐待防止の周知、徹底
編集委員会  
・広報委員会 当施設の情報を広報誌により発信
・年報編集委員会 前年度の所属職員、利用者、事業等の状況の集計及び冊子の発行
・ホームページ委員会 当施設の情報を最新に編集し、ホームページにより発信
研修委員会 なつどまり職員の研修の計画立案・実施
感染症対策及び医療連携委員会 ・感染症の予防及び防止対策並びに全職員への周知
・医療体制の検討及び、情報提供
リスクマネージメント委員会 利用者の安全確保のためのレポート提出の周知及び内容の検討
夏まつり実行委員会 7月実施の当行事の計画立案
施設見学対応委員会 外部見学者の対応について各所属との連絡調整及びその受入れ
実習対応委員会 外部機関(養護学校、大学、警察学校等)からの実習について、各所属との連絡調整及びその受入れ
育成会との交流委員会 保護者会との連携強化のための仕掛け作り